刀  (無銘)  古 青 江     平安末期−鎌倉    備中国

    本造り庵棟、刃長74.5p (2尺4寸5分弱)、反り2.56p 身幅重ね共に尋常な造り込み。
     表裏に棒樋の彫刻を掻き流す。
     地鉄、小板目、木目混じり。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃。
     帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
     茎、うぶ。

      
    青江物は平安時代から鎌倉中期までの物を古青江、南北朝期までを中青江、南北朝時代からそれ以降は末青江と云います。
 

       

    白鞘付  重要刀剣指定書付。
    目次へ戻る