刀  (銘)  亀 井 昭 平 作     昭和時代   岐阜県
         昭 和 亥 年 初 春

  本造り庵棟、刃長71.5p (2尺3寸5分9厘)、反り1.8p(5分9厘) 身幅3.4、先幅2.8p
  元重ね6、先重ね4o、表裏に棒樋を掻き流し、豪壮で京反りの造り込み。
  地鉄、小板目に木目交じり。      
  刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目乱れに丁字交じり、刃中足入る。
  帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
  茎、うぶ。
抜鞘時 1040グラム
    
  岐阜県、昭和2年生まれ、兼延門人、全日本刀匠会努力賞。










   鮫皮捲鞘、肥後拵え、時代鉄鍔龍の図金象眼
  目次へ戻る  しのぎ刀剣美術館