脇差  (銘) 兼  忠              江戸末期   美濃国
       

      平造り庵棟、刃長34.6p (1尺1寸4分2厘)、反り0.3p 身幅広く豪壮な造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり肌立つ。
       刃紋、小沸付くも匂い締まり勝ちな互の目乱れに尖り刃交じる。
       帽子、乱れて返る。
       茎、うぶ。

  
 
  
    白鞘付      藤代松雄鑑定書付   地刃健全です。
    しのぎ刀剣美術館