刀  (銘)  備州長船祐定        室町時代  備前国
          天文二十年八月日

      本造り庵棟、刃長66.9p (2尺2寸0分8厘)、反り2.5p (8分3厘)、
       元幅3.0p、先幅2.3p、元重6ミリ、先重5ミリ弱、の造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり。      
       刃紋、小沸付くも匂いがちの直刃。
       帽子、直ぐに先、丸く返る。
       茎、うぶ。
   



 
    笹竜胆紋鞘武家太刀拵え付
    白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付