刀 (銘)  応萩原勝氏需 直 弘 作       昭和時代  埼玉県
         昭和三十八年仲秋吉日

    本造り庵棟、刃長68.8p (2尺2寸7分)、反り1.3p (4分3厘)
    元身幅3.2p、先巾3.0p、元重ね7o、先重ね5o。
    地鉄、小板目に木目混じり。
    刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り砂流し掛かる。
    帽子、乱れ込み、掃掛け。
    茎、うぶ。
     
    埼玉県入間市の柳川直弘氏の作品です。

     



  外装、黒石目地塗り鞘、縁頭鞘尻鍔とも銀地波図彫り、目貫銀地桐紋図.  白鞘付。
   しのぎ刀剣美術館