脇差  (銘)  越中住清光         江戸時代   越中国
      
      平造り三ツ棟、刃長40.2p (1尺3寸2分6厘)、反り0.3p、元身幅3.0、先幅2.7ミリ
       元重ね7ミリ、先重5ミリ。
       地鉄、板目に木目交じり良く錬れて地沸付く。      
       刃紋、沸出来の互の目乱れ、飛び焼き交じり皆焼きとなる。
       帽子、沸付き乱れて返りは深い。
       茎、うぶ茎、加州型。

      
      先祖は加賀国、本作の清光は播磨大掾を受領した上手鍛冶で、寛文頃に活躍し「業物」としても名高い。    


    白鞘付    地刃健全出来良し。
    しのぎ刀剣美術館