刀  (銘)  東都住八鍬忠雄作    昭和−平成時代   東京
          昭和五七年四月吉日             

      本造り庵棟、刃長75.1p (2尺4寸9分5厘弱)、反り2.6p、元身幅3.3、先幅2.8ミリ
       元重ね8ミリ、先重6ミリ、腰反り高い太刀姿で猪首風の切先。
       地鉄、小板目に木目交じり良く錬れて地沸付く。      
       刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目丁字乱れ、刃中足入り明るく冴える。
       帽子、直に、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎。

      
      八鍬靖武氏の子供、昭和19年生まれ、俗名は八鍬忠雄、東京都荒川区南千住、
       備前伝が得意で、新作刀展では優秀賞、奨励賞、努力賞を受賞
    


    白鞘付    地刃健全出来良し。
    しのぎ刀剣美術館