脇差  (銘)  越 前 住 兼 植       江戸時代   越前国
             

      本造り庵棟、刃長46.7p (1尺5寸4分1厘)、反り0.5p、元身幅3.4センチ、先幅2.8センチ、
       元重ね6ミリ、先重ね4ミリ、表裏に棒樋の彫刻、切っ先伸びて豪壮な造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり、流れ肌交じり地沸付き地景表れ白気心がある。      
       刃紋、小沸出来太直刃調子、浅くのたれ刃中足入り、金線、砂流し働く。
       帽子、浅くのたれ込み、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

      
      本国は美濃国、兼法門人で越前初代の兼植です。 刀剣押型
               



  
   白鞘付         保存刀剣鑑定書付 
   しのぎ刀剣美術館