刀  (銘)  備 州 長 船 則 光        室町時代   備前国
           文正元年二月日  

      本造り庵棟、刃長71.4 (2尺3寸6分)、反り2.2p、元身幅2.7センチ、先幅2.3センチ、
       元重ね4ミリ、先重ね3ミリ、表裏に丸留めの棒樋の彫刻がある。
       地鉄、板目に木目交じり刃寄りが柾がかり良く錬れて淡く映り立つ。      
       刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃、小互の目交じり刃中足入り、細かな金線、砂流し絡む。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎尻、刃区送り、茎長19.6p。

      
      通称寛正則光と呼ばれている則光の文正年間の作品です。 刀剣押型
               


    白鞘付  保存刀剣鑑定書付   業物      

    しのぎ刀剣美術館