脇差 (銘) 会津住重房       江戸末期   陸奥国
       
安政七庚申年二月日
  

    本造り庵棟、刃長43.3p (1尺4寸3分)、反り1.0p(3分3厘)、元巾2.6p、先巾2.3p、
    元重ね5o、先3o、の造り込み。
     地鉄、小板目、刃寄り柾が交じり地沸一面にむら無く付く。
    刃紋、小沸出来直刃、浅くのたれて小互の目が交じり、刃中金線砂流し掛かり足入る。
     帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
    茎、うぶ
栗尻、切ヤスリ。
   
    重房は重隆の弟で、兄弟で大阪の天竜子正隆の門人となりました。

 
 
 


   外装と白鞘付   保存刀剣認定書付 

   しのぎ刀剣美術館