刀  (磨上無銘)  重 真      鎌倉時代   備前国

      本造り庵棟、刃長67.6p (2尺2寸3分1厘)、反り1.6p 身幅3.0、先身幅2.3センチ、
       元重ね7ミリ、先重ね4ミリ。
       地鉄、小板目詰み、地沸ついて地景入り映り立つ。      
       刃紋、肩落ち互の目乱れ、総体に逆かがり刃中足入り。
       帽子、直ぐに、先、突き上げて返る。
       茎、大磨上茎。

      
      守重の子で、長船元重の弟です。  

 

   

       第35回重要刀剣 白鞘入り   
       しのぎ刀剣美術館