脇差  (銘)  武州高倉住直弘      昭和時代  埼玉県
           為内野先生贈之

      本造り庵棟、刃長47.6p (1尺5寸7分)、反り1.2p 元巾3.8p、先巾3.2p。
       元重ね9o、先重ね8o、がっちりとして鎬筋の高い造り込みです。
       地鉄、板目、木目交じり。      
       刃紋、小沸出来互の目丁字乱れ、刃中足入り、砂流し掛かる。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
       茎、うぶ。
  

      柳川直弘、埼玉県入間市鍵山住、物故、この作品は昭和39年度の作品で
      刀匠が晩年に油絵の師として仰いだ内野画伯に贈呈した作品です。

 

  
  
       白鞘付     地刃健全です。 
       しのぎ刀剣美術館