刀  (銘) 勢州桑名住藤原勝吉       江戸初期  伊勢国
         

      本造り庵棟、刃長69.5p (2尺2寸9分4厘)、反り1.0p 元身幅3.1、先幅2.3p、元重7o。
       比較的しのぎ幅の広めな造り込み。
       地鉄、小板目詰み、刃寄り柾がかり鉄色は黒味がかる。      
       刃紋、小沸付く互の目丁字乱れ、刃中足入り、金線、砂流し掛かり明るく冴える。
       帽子、浅く乱れ込み、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ、勝手下がりヤスリ

  
      千子村正系の刀工、後に播磨国姫路に移住。  

  

  
  
      
    白鞘付      特別保存刀剣鑑定書付  地刃健全です。 
    しのぎ刀剣美術館