短刀  (銘)   道  辰      江戸末期   岩代国

     鵜の首造り庵棟、うぶ茎、刃長7寸4分3厘、内反り、小沸出来直刃、身幅普通で重ねが厚く、
     表裏の腰元に棒樋の彫刻がある。
     刀剣要覧第21版p-306に所載、会津三代目道辰の出来の良い作品です。




 

     白鞘付          しのぎ刀剣美術館