刀  (無銘)   尾 張 関          江戸初期  尾張国

     本造り庵棟、磨上、刃長68.3p(2尺2寸5分)、反り0.8p(2分6厘)、身幅広く重ねは薄目の造り込み。
      地肌は板目に地沸付き、刃紋は小沸出来大ノタレ刃が村正風、帽子は直に丸く、返りは深い。
      地刃健全で出来が良くお勧めできる一振りです。

      尾張関
      美濃国から移住した刀工集団が主で、政常、信高、氏房、泰幸、等が著名ですが、本作は無銘ですが信高
      の作品と思われます。

 
 
 
  
     白鞘付。  特別貴重刀剣鑑定証付           しのぎ刀剣美術館