刀  (銘)  土浦臣長尾心慶藤原胤光     江戸時代   常陸国
       
文久三年二月日.応新辰道君需作之          
           

      本造り庵棟、刃長82.2p (2尺7寸1分)、反り2.0p、(6分6厘)、
      元身巾3.9p、先巾3.1p、元重ね8o、先重ね6o、豪壮な造り込みです。
      地鉄、板目、刃寄り柾かがる地鉄です。
      刃紋、匂い勝ちの互の目丁字乱れ、やや逆心で刃中足入る。
       帽子、乱れ込み、先は小さく丸く、浅く返る。  
      茎、うぶ、土浦家臣「新辰道」からの注文銘がある。
      胤光は大慶直胤の高弟です。
            




うぶ刃の状態








素銅地に金着せハバキ。




  藤代義雄著.「刀工事典、新刀編」 146頁所載品 
  鞘書きに曰く 「地刃上〃胤光作刀中で随一の代表作也」 と記されている。
     白鞘付   甲種特別貴重刀剣認定書付       
 
  しのぎ刀剣美術館