刀  (銘)  丹後守藤原兼道  江戸中期  山城−摂津国

     本造り庵棟、うぶ茎、刃長2尺4寸2分、反り5分、身幅重ねは普通。
      地鉄は小板目詰み地沸付いて鮮やか、 刃紋は小沸良く付く太直刃で刃中明るく冴える。
      佐藤寒山博士の鞘書があります。良業物、初代








    外装.白鞘付  甲種特別貴重刀剣認定書付          しのぎ刀剣美術館