脇差  (銘)  国  秀    出羽国   江戸末期
  
     本造り庵棟、刃長1尺1寸2分2厘、反り2分6厘、うぶ茎、身幅重ね共に尋常の造り込み、
     地鉄は板目肌、刃紋は小沸出来の大互の目乱れで鎬地にかかる、刃中明るく冴えて足入り。
     地刃健全な一振りであります。
     俗名は加藤助四郎、米沢藩家臣、綱秀、綱俊の父、水心子正秀の門人で初銘は「正道」と刻しました。 
 

 

 
      白鞘付  特別貴重刀剣認定書付              しのぎ刀剣美術館