脇差  (銘)  相模守藤原国綱    江戸中期  越前国
       越 前 住         
初代
         
  

    本造り庵棟、刃長51.9p (1尺7寸1分2厘)、反り0.8 (五分9厘)、身幅重ねは普通の造り込み。
    地鉄、小板目肌に地沸付き鉄色は黒づむ。
    刃紋、匂い勝ちで刃縁の締まる互の目乱れ、刃中足入り明るく冴える。
    帽子、直ぐに、先、丸く返る。
    茎、うぶ茎。
    国綱は兼植門人、下坂派に属していましたが後に子の二代国綱と共に江戸に移住しました









  
  白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付  業物       しのぎ刀剣美術館