短刀  (銘) 備州長船住横山祐包                備前国     江戸末期
          嘉永四年八月日

      平造り庵棟、刃長八寸、反り無し、身幅尋常で重ねは厚い造り込み>
        地鉄は小板目肌が詰んで鮮美、刃紋は匂い出来の菊花丁字乱れ、
        刃中明るく冴えて足入り、地刃健全、同工の傑作の一振りであります。

 
 

  時代外装.白鞘付  保存刀剣鑑定書付       しのぎ刀剣美術館