刀  (銘)  備 州 長 船 祐 定         室町末期   備前国
        天 正 三 年 八 月 日
 

     本造り庵棟、刃長2尺2寸八分、反り6分五厘、茎尻はうぶですが僅かに刃区送り。
      身幅重ね共に尋常で表裏に棒樋に添え樋の彫刻がある。
      刃紋は互の目丁字乱れ足入り。
      帽子は乱れ込み、焼きもたっぷりである。

       
 

      
        
                  

  

  時代の外装付  藤代松雄鑑定書付            しのぎ刀剣美術館