脇差  (銘)  岩  捲        室町時代  美濃国

    本造り庵棟、うぶ茎、刃長53.センチ (1尺7寸5分、反り1.3センチ(4分3厘)、
    元巾3.3,先巾3センチ、表裏に棒樋の彫刻がある。
    地鉄は小板目、刃紋は匂い締まり心の尖り互の目乱れ、乱れ込み、先、小丸返り。
    岩捲二字銘で二代目氏信の作品と思える物です。

 
 
 

     白鞘付  保存刀剣鑑定書付                 しのぎ刀剣美術館