太刀  (銘)  宮 入 清 平 作    昭和末期   信濃国
         
  昭和五十年八月吉日          清宗同人

     本造り庵棟、うぶ茎、刃長79.6p(2尺6寸3分弱)、反り2.1p(7分弱)、
      元幅3.8p、先巾3p弱、元重ね7o、先6o、表裏に棒樋に添え樋の彫刻があります。
      地鉄は板目に木目交じり良く錬れる。
      刃紋は小沸出来互の目乱れ。
      帽子は掃き掛けている。
      
      宮入栄三、大正13年生、長野県埴科町、宮入昭平の弟、後に清宗と改名、全日本刀匠会会長賞。


 
  
 
 
 
 
  
  白鞘付 佐藤寒山博士鞘書   金着せ二重ハバキ           しのぎ刀剣美術館