脇差  (銘)  備中守藤原清宣     江戸時代  美濃国
            
於美濃関以南蛮鉄作之

     本造り庵棟、僅か磨上るが殆どうぶ茎、刃長53.2p(1尺7寸5分6厘弱)、反り1.0p(3分)、
      元巾3.1、先2.5p、重ね6o、先重5o、尋常な造り込みです。
      地鉄は小板目に地沸付いて鮮美、刃紋は匂い勝ち互の目丁字乱れに尖り刃交じり、帽子浅く
      乱れ込み、返りは浅い。地刃健全で出来の良い一振りです。
      




     白鞘付 金銀色二重ハバキ  特別貴重刀剣認定書付  
   
  しのぎ刀剣美術館