脇差  (銘)  三条小鍛治宗近     江戸時代  大和国

    本造り庵棟、うぶ茎、刃長39.2p(1尺2寸9分4厘)、反り0.9p(3分)、元身幅3.先巾2.5センチ。
     元重ね7ミリ、先重ね5ミリです。
     地鉄は板目、刃紋は匂い締まる互の目乱れ、帽子直に、先、丸く返る。

     大和国(奈良県)三笠山麓住。





      ↑ ここに錆跡が少しありますが実物では気付かないと思います。
        他には傷は一切ありません。
 
  
    白鞘付 金着せハバキ付  保存刀剣鑑定書付        しのぎ刀剣美術館