太刀  (銘)  宗  吉        鎌倉時代末期   陸奥国
         
     
     本造り庵棟、うぶ茎、刃長79.6p(2尺6寸2分7厘)、反り3.3p(1寸)、
      元幅3.1p、先巾2.6p、元重ね5o、先4o、表裏に腰樋の彫刻がある。
      地鉄は板目流れ心に肌立つ感じの地鉄。
      刃紋は小沸出来小互の目、刃中に砂流し、金線の働きがある。
      帽子は掃け心。
      

 
  
 
 
 
 
 

   陸奥国.舞草派の宗吉で、うぶ茎在銘は極めて少ないようです。  
   刀身に、シナエ、刃切れ、フクレ、歪みなどはありません。
   白鞘付、金着せ太刀ハバキ、  非営利団体日本刀剣保存会正真鑑定書          しのぎ刀剣美術館