刀  (銘)  横山加賀介藤原祐永     江戸末期  備前国
           
菊紋一 備前国長船住 
     
     本造り庵棟、うぶ茎、刃長69.0p(2尺2寸3分弱)、反り1.4p(4分6厘)、元幅2.9、先巾2.0p。
      元重ね8o、先八o、祐永の正真物は身幅が細めです、地鉄は小板目良く錬れて無地風となる。
      刃紋は直焼きだし長く、菊花丁字、匂い締まって足入り、刃中に葉の働きがある。
      帽子は丸く返る。本作は初代祐永の典型作で優秀の一振りです。
 



    

  茶色梨子地風鞘打刀拵、縁頭真鍮石目地芦に鷺の図赤銅金象眼、目貫赤銅武者図、
  鍔は鉄地オシドリ図象眼。
 
 
 
     外装.白鞘付  保存刀剣鑑定書    
     しのぎ刀剣美術館