脇差 ( 銘 ) 肥 前 国 忠 吉        江戸末期   肥前国
  

    本造り庵棟、うぶ茎、刃長54.7p (1尺8寸0分)、反り1.5p(5分)、元巾3.0p、先巾2.3p、
    元重ね5.5o、先5o、の造り込み、表裏に片チリで丸留めの棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に流れ柾が交じり地沸一面にむら無く付く。
    刃紋、小沸出来中直刃、刃中小互の目交じり足入り。
     帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
    中心、うぶ茎、切りヤスリ。
    八代目献上忠吉の典型にして見事な作品です。 押し型で見る











  黒漆塗鞘脇差拵、縁頭四分一地布袋図、目貫桜花に箒、鍔山銅石目地左右なまこ透かし

   外装と白鞘付   特別貴重刀剣認定書付  参考全身写真
   しのぎ刀剣美術館