脇差  (銘)  友  重            室町時代   加賀国
           

      菖蒲造り庵棟、鎬の高い造り込み、うぶ茎、刃長36.9p (1尺2寸2分弱)、反り0.6p(1分8厘)、
      元巾2.9p、先巾2.7p、元重ね3o、先2o。
       地鉄は小板目に木目交じり比較的良く詰んでいる。
      刃紋は匂い口締まる直刃。
       帽子は小丸に返る。
      







   黒色漆塗艶だし鞘脇差拵え、縁頭、鍔とも赤銅魚子唐獅子の図、目貫唐獅子図。
   
   友重は山城の来国俊門人で藤島派の総帥です。
   良業物として知られ、本作は室町期の作品で6代目(永正頃)ですが、
   藤島友重の名跡は幕末まで受け継がれています。
         

   外装付  時代金着せハバキ付  保存刀剣鑑定書付    しのぎ刀剣美術館