脇差  ( 銘 )  丹 州 住 大 道 藤 原 安 輝   江戸初期   丹波国
         
於 宮 津 以 南 蛮 鉄 鍛 之 

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長53.5p (1尺7寸6分5厘)、反り2.0p(6分6厘)、元巾3p、
      先巾2.5p、元重ね5o、先3o、の造り込み。
       地鉄、板目流れて柾気が強い。
      刃紋、小沸付く互の目丁字乱れ足入り、尖り刃交じり刃縁に砂流し掛かる。
       帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。
      茎、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
     
      美濃国室屋関派の刀工、大道の末裔と云う、丹後、三河でも打つ。
刀身押型








             
    白鞘付   藤代松雄鑑定書付  地刃健全です。  
   しのぎ刀剣美術館