刀  (銘) 葵紋 越前康継作之    江戸時代   越前国
      
       本造り庵棟、刃長74.2p (2尺4寸4分9厘)、反り1.5p、
       身幅重ね共に尋常、中切っ先の造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり良く錬れて地沸付く。      
       刃紋、小沸出来太直刃に互の目交じり、 刃中に足入る。
       帽子、直ぐに.先、丸く掃け心に返る。
       茎、うぶ茎。 越前三代目の作品です。





   白鞘付  特別貴重刀剣認定書付  参考押し型  

   しのぎ刀剣美術館