刀  (銘) 濱部美濃守藤原朝臣寿格   江戸時代   因幡国
       寛政四年子二月日

  

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長65.0p (2尺1寸4分5厘)、反り1.3p(4分3厘)、
      元巾2.7p、先巾2.5p、元重ね7o、先6o。
       地鉄、小板目に木目交じり細かく詰んで綺麗です。
      刃紋、直刃焼きだしに匂い締まり心の拳丁字乱れ。
       帽子、直に、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ、地刃健全で出来は河内守国助風です。
                  

  
 
 

 
 

 

  

 

 打刀拵、茶色石目地鞘、縁頭赤銅石目地、鍔赤銅磨地雲竜図直光花押
    
 白鞘.金二重ハバキ付   特別保存刀剣鑑定書付    
 
 しのぎ刀剣美術館