脇差  (銘)  播磨大掾藤原清光      江戸時代   越中国
        
  

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長51.2p (1尺6寸9分)、反り1.12p(3分7厘)、
      元巾3.0p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付き詰んで肥前刀の様に綺麗です。
      刃紋、小沸出来直刃。
       帽子、直に、先、小丸に返る。  
      本刀の清光は小四郎重清の子で、富山に住んでいました。
                  

  

     
 
 
  
 白鞘.ハバキ付   特別保存刀剣鑑定書付  地刃健全欠点無し  参考押型  業物  

  しのぎ刀剣美術館