(銘)  相 州 住 国 義   江戸時代   相模
          慶応二年八月日

  本造り庵棟、刃長73.5p (2尺4寸2分5厘)、反り0.9p、元身幅3.2p、
  先幅2.6p、元重8、先重6ミリ、尋常な造り込みです。
  地鉄、板目に流れ正交じり、地沸付く。
  刃紋、小沸付互の目乱れ、刃中二重刃風となり、金線、砂流し掛かる。
  帽子、乱れ込み、先、掃け心に返る。
  茎、うぶ。
  鎌倉の橘円龍子国秀との関連が有るように思える刀工ですが如何でしょうか・・・。
 






   白鞘付     特別貴重刀剣認定書、藤代松雄鑑定書付    
    戻る  しのぎ刀剣美術館