脇差  (銘)  兼  房              室町時代     美濃国

     平造り庵棟、刃長38.4p (1尺2寸6分七厘)、反り0.8p、元幅3.1先幅2.9p
     元重5、先重ね4o、身幅の広い造り込みです。
     地鉄、板目、刃寄り正目がかり、やや肌立つ感じがする。
     刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中に細かい砂流し掛かる。
     帽子、地蔵。
     茎、うぶ。




 佐藤寒山博士、天正頃、鞘書き。
 美濃物特有の大肌が、鍛え傷の様に見えるところがあります。
 特別貴重刀剣認定書付 
 しのぎ刀剣美術館