脇差  (銘)  国  正              江戸時代     山城国

     本造り庵棟、刃長50p (1尺6寸5分)、反り1.4p、元幅3.0.先幅2.6p
     元重5、先重ね4o、身幅広めの造り込みです。
     地鉄、板目に木目交じり、地沸付き肌立ちざんぐりした感じがする。
     刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り細かい砂流し掛かる。
     帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
     茎、僅か磨上る。
     
     堀川国広門人、佐藤寒山博士は「堀川国広とその弟子」の中で、現存は刀3口、脇差3口
     を経眼しただけ・・と述べている。殆ど師の国広の代作に終始したのであろう。









 研磨したばかりで綺麗ですが、写真の様にハバキ元に鍛え割れがあります。

 黒石目塗鞘時代脇差拵、縁頭赤銅魚子地猪図金象眼、目貫赤銅人物図金象眼、
 鍔、赤銅地丸形型、雉に笹図片切り彫り。
 保存刀剣鑑定書付
 戻る  しのぎ刀剣美術館