刀  (磨上無銘)  大 宮       南北朝時代    備前国

    本造り庵棟、刃長69.6p (2尺2寸9分6厘)、反り0.6p、元幅3.0、先幅2.8p
     元重3.5、先重ね2o、身幅広く大切っ先の造り込みです。
     地鉄、小板目に木目交じり肌立つ感じがする。
     刃紋、匂い勝ちの腰開き互の目丁字乱れ、刃中足入り。
     帽子、乱れ込み、先、掃け心に返る。
     茎、大磨上。

     




 佐藤寒山博士の鞘書きは「大宮盛景」とあります。白鞘入り。
 特別保存刀剣鑑定書付  

 しのぎ刀剣美術館