太刀  (銘)  助  宗 島田二代                 室町時代  駿河国  
 
  本造り庵棟、刃長68.1.0p (2尺2寸4分7厘)、反り2.0p、元身幅2.8p、
  先幅2.4p、元重5、先重4ミリ、腰反りの高い造り込みです。
  地鉄、板目に木目交じり淡く映り立つ。
  刃紋、小沸付も匂い勝ちの小互の目丁字乱れ、刃中足入り細かい砂流し掛かる。
  帽子、浅く乱れ込み、先、小丸心に返る。
  茎、磨上、ヤスリ目は不明。





棟に実践の切り込み傷が有ります。
横手の部分にわずかですが鍛え割れ風の物があります。
古研磨の状態ですが、錆は無い。
白鞘付     刀剣保存会鑑定書付                  
しのぎ刀剣美術館