脇差  (銘)  邦 彦 作      江戸時代   武蔵
           弘化二年八月日

  [体配] 平造り庵棟、身幅広めで重ねは厚めで豪壮な感じの造り込み。
  [寸法] 刃長35.8p (1尺1寸8分1厘)、反り0.3p、元身幅3.1p、先幅2.8p、元重8、先重7o。
  [地鉄] 小板目詰み地沸付く。
  [刃紋] 小沸付互の目乱れ、刃中足入り金線、砂流し掛かる。
  [帽子] 先、小丸に返る。
  [茎]  うぶ、化粧筋違いヤスリ。
  
  [刀工紹介] 本国は但馬、江戸に出て浜部寿幸の門人となり、安部家の抱え工と成る。






    肥後短刀拵え付.白鞘付     特別保存刀剣鑑定書付 

しのぎ刀剣美術館