短刀  (銘)   宇 多 国 清     室町時代   越中国
  

    [体配] 平造り庵棟、身幅重ね共に尋常な造り込み。
    [寸法] 刃長26.4p (8寸7分)、反り0p、元巾2.6p、先巾2.4p、元重ね5o、先4o。
     [地鉄] 板目に木目交じり、刃寄り柾がかり総体に白気映り立つ。
    [刃紋] 直刃。
     [帽子] 小丸に返る。  
    [茎]  うぶ茎。

    [刀工紹介] 初代国清は国久の実子で永享頃、本作は2代目(文明頃)と思われます。
              









  黒漆塗り鞘合い口拵付、  ハバキ付     戻る  しのぎ刀剣美術館