脇差  (銘)   武 州 住 康 重    下原   室町時代   武蔵国
  

    本造り庵棟、刃長49.7p (1尺6寸4分)、反り1.5p(5分)、
    元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね8o、先5o、表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目に正目流れて綾杉肌風に交じる。
    刃紋、互の目乱れ、刃中足入り、砂流し掛かる。
     帽子、掃き掛けて返る。  
    茎、うぶ茎。
    
    二代目下原康重の作品で、常に見る作品より地鉄が良い。




拡大

拡大




  石目塗鞘脇差拵、鍔は鉄地笹図肥後透、縁頭赤銅地人物図金象眼半太刀拵付、銀着ハバキ付
  
特別貴重刀剣認定書付                                       
  戻る  しのぎ刀剣美術館