(銘)   武蔵知知夫住政丞作         平成時代   
        平 成 元 年   
まさみつ          
武蔵国
  

    本造り庵棟、うぶ茎、刃長77.4p (2尺5寸6分弱)、反り1.6p(6分)、
    元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o、尋常な造り込みです。
     地鉄、小板目に木目交じり。
    刃紋、互の目丁字乱れ、刃中足入り、金線砂流し掛かる。
     帽子、のたれ込み、先、小丸に返る。  
    茨城県笠間出身、酒井一貫斎繁政の門人、現在は埼玉県秩父市影森に住む。
                  

 
 










   外装.ハバキ付    地刃健全欠点無し          抜鞘時 1050グラム
  戻る  しのぎ刀剣美術館