(銘) 筒井越中守藤原輝邦入道輝充    江戸時代  大和国 
      享保九 年二 月 吉 日               

  

    本造り庵棟、刃長71.5p (2尺3寸6分)、反り1.8p(6分)、
    元巾3.1p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o、表裏に角留めの棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目に木目交じり地沸一面にむら無くつく。
    刃紋、大互の目濤乱刃風となり、刃中匂い深く金線砂流し掛かる。
     帽子、乱れて返る。  
    茎、うぶ茎、地刃健全で出来は優秀な一振りです。
   
    刀剣押型  業物
                  

 
 








   白鞘.ハバキ付   特別貴重刀剣認定書付  埼玉県優秀重宝刀剣指定品
  しのぎ刀剣美術館