(銘) 源 国 次 作 之           平成時代   徳島県
     平 成 十一 年十一月日

  

    本造り庵棟、うぶ茎、刃長72.8p (2尺4寸0分)、反り1.6p(6分)、
    元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o、尋常な造り込みで、表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目交じり。
    刃紋、互の目乱れ、刃中足入り、砂流し掛かる。
     帽子、大切っ先、乱れ込み、先、掃き掛けて返る。  
    
                  

 
 











 外装.ハバキ付    地刃健全欠点無し     
 戻る  しのぎ刀剣美術館