短刀  (銘)   卍 正  範  花押     昭和時代     大阪
           為.員守端午
           

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長24.2p (7寸9分8厘)、反り0p、元巾2.8p、先巾2.4p、
      元重ね5o、先4o。
       地鉄、小板目詰み地沸一面にむら無く付き鮮やか。
      刃紋、互の目乱れ足入り、刃中明るく冴える。
       帽子、乱れて、先、小丸に返る。 
      地刃健全で出来の良い一振りです。
             








  水野正範
  俗名は水野貞三郎、堺市桜之町、明治35年生まれ、桜井正幸門、陸軍受命刀匠。
  陸軍技術奨励会会長賞、入選2回、日本刀展覧会佳作。
  外装、白鞘付   ハバキ付  得能一雄鑑定書付   
  戻る  しのぎ刀剣美術館