脇差  (無銘)   尻  懸          南北朝時代    大和国  
  
  
     
    菖蒲造り庵棟、磨上茎、刃長47.9p (1尺5寸8分)、反り0.8p(2分)、
    元巾3.0p、先巾2.8p、元重ね1o、先2o、表裏の腰元に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。
    刃紋、直刃、刃中小互の目交じり小足入り。
     帽子、焼き詰め気味に僅かに返る。  
    
                  





 
 


     白鞘.ハバキ付   保存刀剣鑑定書付 
    戻る  しのぎ刀剣美術館