脇差  (銘)  武蔵住宝生藤原宗春       江戸時代    武蔵
           

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長56.6p (1尺8寸7分弱)、反り0.9p (3分)。
      地鉄、小板目に木目交じり、淡く映り立つ。
      刃紋、匂い締まり心の丁字乱れ、刃中足入り明るく冴える。
       帽子、乱れ込み、先、掃け心に小丸に返る。       
      中心.磨上、尻と棟側が削られる。本来は入山形、化粧筋違である。
      江戸石堂派の刀工です。

       
刀剣押形      





  白鞘付      保存刀剣鑑定書  押し型
  しのぎ刀剣美術館