大小一腰  大刀  (銘)  則  恒    室町時代 (嘉吉)    備前
         小刀  (銘) 
長船家守  南北朝時代(明徳)    備前国   

      大刀は本造り庵棟、うぶ茎、刃長68.7p (2尺2寸6分7厘)、反り2.4p (8分)。
           表裏に二筋樋の彫刻があります。
       小刀は本造り、磨上折り返し銘、刃長52.5p、(1尺7寸3分)、反り1.3p (4分強)。
           表裏に棒樋と梵字の彫刻があります。
      刃紋、互の目丁字乱れ、大刀の刃紋は小ずんでいる。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に、先、返りは浅い。       
             












  古刀      外装 .白鞘付      保存会鑑定書付  
   戻る  しのぎ刀剣美術館