脇差  (銘)  以相州正宗伝.於鈴鹿山麓祐光造之
     
 尾州住心影流指南浅井昇二需        昭和時代  三重県−岡山県
           

      大平造り三つ棟、うぶ茎、刃長37.1p (1尺2寸2分5厘)、反り0.3p。
      元身幅4.4、先幅4.0p、元重7,先重6ミリ。表に火炎不動尊、裏に護摩樋と梵字の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、匂い出来互の目丁字乱れ、刃中足入る。
       帽子、乱れて、先、掃け心に、小さく返る。
      茎、うぶ茎、切ヤスリ。

      俗名は竹下善自、大正4年生、父に学び後に沖芝正次門、入選多数回、元陸軍受命刀匠。
      岡山県川上郡川上町三沢住。平成1?年頃没。
             



    刀工紹介
    俗名は竹下善自、大正4年生、滋賀県蒲生郡住、父の栄太郎祐光に学び、後に沖芝正次門人となる。
     陸軍受命刀匠。
    

    角付白鞘付      物故作家
    しのぎ刀剣美術館