刀  (銘)  昭 信 作       昭和時代    千葉県
           

     本造り庵棟、うぶ茎、刃長66.7p.(2尺2寸0分1厘)、反り1.6p、元幅2.8p、先巾2.5。
      元重ね5o、先4o、身幅重ね共に尋常。
      地鉄、小板目に木目交じり良く詰んで地沸付く。
      刃紋、小沸出来、互の目乱れ、刃中足入り、細かい砂流しかかる。
      帽子、丸く、僅かに掃けこころに返る。

      千葉県我孫子の刀匠、栗原昭秀門、文部大臣賞、総裁名誉賞などを受賞した実力派。
      本作も備前伝の出来の良い一振りです。









   白鞘付      
 保存刀剣鑑定書付 
  戻る  しのぎ刀剣美術館